ガレージ・車庫・駐車場のリフォームをする際のリフォーム会社の選び方【みんなのリフォーム】

ガレージ・車庫・駐車場のリフォーム/ 会社の選び方

ガレージ・車庫・駐車場のリフォームの統計

平均費用-

平均工期-

Category header f

ガレージ・車庫・駐車場のリフォームの会社の選び方

家の中の設備を交換したり、間取りを変更するような一般的な住宅のリフォームと比べて、
ガレージや駐車場をリフォームしようと考える家庭は少ないようです。
自動車やバイク、自転車を置くだけだから、リフォームする必要はない、リフォーム費用がもったいない、と考える人もいるでしょう。
また、どこの会社にお願いして同じだと思っている人も少なくないかもしれません。
しかし、ガレージや駐車場も、ただ物を置くといった機能だけでなく、リフォーム方法によって様々な利用法や機能を追加することができるのです。
家のリフォームの一部だという認識をもって、会社選びをすることが大切です。



ガレージ・車庫・駐車場の実績と提案力があるか


ガレージや駐車場は物を置くだけでなく、幅広い使い方ができるという考えができればリフォームの幅も広がりますし、生活をもっと快適にすることができるでしょう。
今まで駐車場として使っていた場所を、リフォームして倉庫として使ったり、上にウッドデッキを作ってガーデニングを楽しんだりしている人もいます。

自分たちの趣味や暮らし方を見直すことで、今まで以上に幅広い空間の使い方が可能になります。リフォーム会社を選ぶ時は、駐車場・ガレージなどのリフォーム実績があることはもちろん、自分の暮らしを豊かにするようなアイディアを教えてくれる会社がおすすめです。
経験が豊富なリフォーム会社であれば、いろいろな施工写真があるはずなので、それを参考に、自分なりのガレージや駐車場をデザインしましょう。



法規制や車、建造物の構造に詳しいことも大切


増設を伴うガレージや駐車場のリフォームの場合、その地域の法規制や建築基準法を理解していることが重要です。

また、リフォームでビルトインガレージをつくる場合、構造計算をしっかりしたうえで安全性を確保することが大切です。鉄筋コンクリート造りなどでは強度を保てても、在来木造などでリフォームする場合は、強度の問題が重要になります。強度を確保するためには、出入り口付近に壁をつくり開口部を小さくする必要があるかもしれません。
さらに、排気やニオイ、音の対策にも気をつけましょう。鉄筋コンクリート造などの建物のなら、気密性が高いので、音漏れが少なく、振動音も気になることは少ないでしょう。ただし、ガレージの隣にリビングを設ける場合は、自動車の排気によって温度が上がる可能性もあるので、ガラスはペアガラスや二重サッシ、断熱性の高い防音合わせガラスにするといいでしょう。木造や鉄骨造などでは、天井や壁に断熱材をしっかりと充填し、気密性と吸音性を高めておきましょう。また、換気扇を設置することも大切です。
このように建造物の構造や防音や断熱、換気対策に詳しくに、建築基準法の法規制も熟知しているリフォーム会社を選びましょう。

条件を絞り込む

未選択