戸建てのリフォームが得意なリフォーム会社をする際のリフォーム会社の選び方【みんなのリフォーム】

戸建てのリフォームが得意/ 会社の選び方

戸建てのリフォームが得意の統計

平均費用-

平均工期-

Category header ho

戸建てのリフォームが得意の会社の選び方

リフォームの成功をもっとも左右するのが会社選びです。実は、新築はできてもリフォームはできない、という会社も少なくありません。意外に思われるかもしれませんが、リフォームには新築を建てるときとは異なる知識や経験、ノウハウが要求される部分もあるからです。リフォームする箇所が多かったり、一戸建てのように大きなものになると、さらにその専門性が問われるのは言うまでもありません。納得のいくリフォームを行うためにも、会社選びに妥協は禁物です。


戸建ての実績と特色を調べる


まず最初に確認したいことは、一戸建てのリフォーム実績と、その会社の特色です。どんなに自分の好きなテイストの施工例が多くても、マンションなど集合住宅の実績しかないリフォーム会社では心配です。
戸建ての実績が多く、さらに自分がリフォームに求める優先順位の高い項目に関して、どれだけ対応可能かを確認しましょう。
建て替えに近い全面リフォームを検討しているのか、水まわりだけなど、部分的なリフォームでいいのか。デザインにこだわりはなく、工事期間や価格にこだわりたいのか。自然素材やエコに関心があるのか。気になる会社のカタログやインターネットのサイトをチェックしてみましょう。


担当者の知識と経験、自分との相性


戸建ての場合、リフォームで増築することも可能ですが、建築基準法により建ぺい率や容積率などが制限されているため注意が必要です。床面積が増える増築の場合、建築確認申請が必要になります。このような法規制に詳しいことも重要です。
また、このような知識だけでなく、担当者がどれだけ戸建てのリフォーム経験があるのか、また自分との相性はどうかもリフォームの満足度に大きく関わります。


保証体制と保険、アフターメンテナンスを確認


リフォーム工事後の不具合が発生した時に備えて、保証書を発行している会社もあります。
家電製品などの保証と同じで、保証期間内であれば無償で直してくれるというものです。
この保証を確実にするのが「リフォーム瑕疵保険」です。リフォーム会社が特定の保険会社に保険料を支払い、欠陥が見つかった場合には保険金が保証されるというものです。
ただし、このような制度がない会社でも、不具合があれば誠実に対応してくれることもあります。契約前にどのような対応になるのかしっかり確認しておきましょう。
また、リフォーム後も定期的に点検してくれたり、アフターメンテナンスが充実した会社もあります。


耐震診断がしっかりできる


2011年の東日本大震災の被害を目のあたりにして、リフォームをして家の耐震性能を上げたいと考える人も増えました。耐震性に不安のある場合は、まず耐震診断をしてもらい、そのうえで必要な補強工事を提案してもらいましょう。一般的には、耐力壁の追加が必要になりますが、基礎を補強するケースもあります。いずれにしても、きちんと耐震診断をしてくれるリフォーム会社であることが大切です。


新築メイン・大手ハウスメーカーが強みを出せる


新築をメインとする会社や、大手ハウスメーカーの中には、建て替えよりも安い費用で、新築のようなリフォームができる会社もあります。
例えば、住友不動産の「新築そっくりさん」なら、構造部分をそのまま活かすリフォームなら建て替えの約50%、間取りなどを変更するリフォームの場合でも建て替えの約70%の費用で、新築同様にリフォームすることができます。
工事範囲を必要に応じて選択できたり、工事費用を定額制にしているなど、リフォーム時の不安要素を上手にカバーしたシステムとなっています。また、大手ならではの安心感も見逃せません。
この他の会社でも、“延床面積×坪単価”という見積り方式で、契約後に柱や基礎の補強が必要となった場合でも追加費用が発生しない、などという会社もあります。(ただし、増築を含む場合は別途の見積りになり、増築部分についてはフォーム部分よりも坪単価が高めに設定されるようです。)
新築メインの会社や、大手ハウスメーカーでは、耐震診断やアフターフォローも充実しているのも特徴です。
また、ある程度決まった範囲内の商品から選択するなど、すべて自由に選べるリフォームと比べて打ち合わせ時間も短くなり、工事期間も約2ヵ月と、短期でのリフォームが可能になります。

条件を絞り込む

未選択
戸建てのリフォームが得意