収納量と収納力って全然違う【みんなのリフォームマガジン】

  • S20x20 aita san会田 敦史

収納量と収納力って全然違う

  • 2015月05月15日更新
S669x446 fotolia 59966405 subscription monthly m

リフォームにおいて多い要望の1つが「収納」について。
最近では、断捨離や収納術などの書籍が人気になって、TVでもよく取り上げられるテーマになっています。

収納と家づくり

収納については生活スタイルの変化により日本の家づくりにも大きな影響があります。
かつて、布団は押し入れ、衣類はタンスが一般的でしたが、最近ではベッドの増加で押し入れは不要、衣類はクローゼットに収納することが一般的です。そのため、リフォームにおいては押し入れをクローゼット化することも多いです。

また、年々モノが増えていく、衣類や靴は溜まる一方、食材はネットで箱買いする、といったことから納戸・ウォークインクローゼット・シューズインクローゼット・パントリーといった収納スペースも人気になっています。

このように収納スペースをうまく活用してキレイに整理整頓できる一方で、収納スペースは造ったもののうまく片付けが出来ずに整理整頓できないという声も聞きます。これは何ででしょうか?

「収納量」?「収納力」?どちらが大切か

収納スペースを造るには「収納量」を造るのか?「収納力」を造るのか?
この違いを抑えておくことが重要になります。

☆収納量・・・収納スペースが多い
☆収納力・・・必要なものが必要なところに必要なスペース分ある

以上から、リフォームで収納の悩みを改善する上で重要なことは、いかに「収納力」を高めるかになります。
これを知らないリフォーム担当者に相談してもただ単に「収納量」だけ造っておしまいってことになっちゃいますよ!
それでは大きな改善・解決につながりませんのでご注意ください。

「収納力」を高める提案をリフォーム会社からもらうには

「収納力」を高めるためには、漠然と収納の悩みを伝えるだけでは改善されません。
家事全般の得手不得手、家族の生活パターン、自身の性格、共働きor専業主婦、ご主人様の協力の有無など含めてしっかりと把握しておかなければ収納における良い提案は出てきません。

家事がうまく出来るか・出来ないかという問題を人に話すのは躊躇するかもしれませんが、本当のプロと認められる信頼のおけるリフォーム担当者であればむしろさらけ出す方が良いでしょう。と言っても、本当のプロリフォーマーであればどんどん訊いてくると思いますが(笑)訊かれたらきちんと正直に応えるようにしましょう!

参考になるサイト

参考までに!
この家事がうまく出来るか・出来ないかという問題については家事について勉強会を開催している「家事塾」という活動をしているところがあります。   「家事塾」 http://kajijuku.com

家のリフォームで心もスッキリ

収納の問題は家事全般に関わることにも繋がります。リフォームで収納というハード面を改善することと合わせて、家事というソフト面についても見直してみると解決のヒントが得られるかもしれませんよ!

家のリフォームはよく「心のリフォーム」にもつながると言います。
それはリフォームをきっかけに生活が一変し、今まで負担と感じていたものが「生きていく上での豊かな活動」と感じられるようになり、心がスッキリする状態です。

収納リフォームはまさに奥様の負担を軽減し、家族の団らんをより心安らぐ空間へと誘うきっかけになります。
しっかりとしたプランニングを目指して「心のリフォーム」を体感してください!

関連する記事

この記事に関連するカテゴリ

新着記事新着記事