ユニットバスに交換するのっていくらかかりますか?【みんなのリフォームマガジン】

  • S20x20 aita san会田 敦史

ユニットバスに交換するのっていくらかかりますか?

  • 2015月05月18日更新
S669x446 fotolia 60855435 subscription monthly m

浴室をユニットバスに交換する場合、いくら位かかるのでしょうか?
相場・費用を知りたいという声はよく聞きます。ここでは、在来浴室をユニットバスに交換する場合の工事内容と金額、工事上の注意点についてお話ししていきます。

工事内容

まずは解体作業から始まります。解体箇所は浴室内の壁タイル・床タイル・浴槽・ドア・天井材・水栓金具などすべてを解体・撤去していきます。解体時の音は大きく、廃材もたくさん出ます。そのため洗面所・廊下・玄関などの床・壁を傷から守るための養生を事前に行ないます。
次に水道関係の配管工事、電気関係の配線工事を行ないます。土台など木部交換の工事が必要な際は大工作業も入ります。
そして、床面にユニットバスの脚を立てるためにコンクリートを打ちます。コンクリートが固まったら、いよいよユニットバスの組立です。ユニットバスと水道の配管を接続していきます。
次に窓の枠材・ドアの枠材・浴槽廻りなど必要箇所にコーキング材を打ちます。
最後に洗面所側の壁面の補修や養生の撤去・清掃作業を行い工事は完了します。
以上の流れで工程は4〜5日ほどかかります。

工事金額

上記の工事内容を行った場合の工事費用の相場は、35〜45万円になります。
それ以外に発生する費用はユニットバス本体の商品代金になります。ユニットバス本体についてはリフォーム会社と相談して、各メーカーショールームで確認してみるとよいでしょう。
人気売れ筋商品ですと販売価格で40万円前後、浴室乾燥などのオプションをつけると50万円前後になります。
以上から、在来浴室からユニットバスに交換する際の相場・費用は75〜95万になります。
もちろん商品にはグレードがあるため品質・機能・デザインが優れ、高額な商品もあります。
他に必要な工事費用は、一緒に給湯器交換するケースになります。
給湯器交換の費用は10万〜20万(号数・能力によって金額差があります)になります。
また、土台に腐食があった場合は大工作業の土台交換工事を行ないます。
こちらの費用は10〜15万になります。

工事上の注意点

①工事中はお風呂が使えない
工事中は4〜5日間入浴ができません。その期間の入浴については銭湯などに行く必要があります。
事前に近場で代わりになる入浴場所を確認しておくとよいでしょう。最近ではスーパー銭湯が増えているので工事中に利用する方が多いです。

②養生や掃除といった細かいけれど重要な作業の有無
工事中は床や壁に傷がつかないように養生をしっかりと行ないますが、リフォーム会社によって養生の精度が異なります。あとあと傷をつけた/つけてないでトラブルになるのは面倒なのでしっかり養生してもらいましょう。
特に解体時は廃材が多く、ホコリなどが舞います。解体後の養生にはそのホコリやクズが多く残りますので、最後にその清掃までしっかり実施してくれるかどうかは重要になります。

③土台の腐食を見越して工期を算出する
最後に、土台の腐食についてですが、これは浴室を解体してみないと実際に腐食しているかどうか分からないのですが、大半は腐食していることが多いです。そのため、もし解体後に土台が腐食していたとしてもすぐに大工が来れない状態ですと予定工期からズレてしまいます。腐食している前提で、大工の予定や追加で必要な費用の目安などを事前に段取りしてくれるリフォーム会社・担当者は工事に慣れていると言えるでしょう。

以上の注意点を踏まえて、浴室工事に望むと素晴らしいリフォームとなり、工事後は快適な入浴タイムを過ごすことができます。

関連する記事

この記事に関連するカテゴリ

新着記事新着記事