外断熱と二重通気のソーラーサーキットの家 担当者に聞く、リフォームで活かせる断熱工法とは?【みんなのリフォームマガジン】

  • S20x20 aita san会田 敦史

外断熱と二重通気のソーラーサーキットの家 担当者に聞く、リフォームで活かせる断熱工法とは?

  • 2015月06月17日更新
S669x446 fotolia 78907945 subscription monthly m

最近では、断熱性能を向上させるリフォームが注目を集めています。

断熱性能を向上させるとなると、家全体のリフォームが必要とイメージされる方も多いですが、
部屋ごとに分けて、部分的に断熱リフォームを実施していく方法もあります。

部分的に断熱リフォームをしていくには、断熱パネルを用いたステップアップ断熱リフォームがお勧めです!

ステップアップ断熱リフォームとは?

例えば、2階の暑さ対策を改善したい場合は、ステップ1として「屋根断熱」+「小屋裏通気」をリフォームします。
次に、リビングの壁・足元の寒さ対策を改善したい場合は、ステップ2として「壁断熱」+「床断熱」をリフォームします。
さらに、トイレ、洋室、などと改善したい箇所を優先順位をつけて徐々にステップアップして断熱リフォームしていくことです。
そして、最終的には住宅全体の全面断熱リフォームになっていくというものです。

一気に全体を断熱するのとは何が違うの?

もちろん一気に全体を断熱リフォームすることも可能です。しかし、多くのお客様が一度断熱リフォームの良さを体感してみないと、いきなり全体には進みにくいことがあります。理由としては、効果を実感せずに、工事が大変で、費用も高く、工期が長い工事には躊躇が出てしまうからです。
ステップアップ断熱リフォームでは、まずは効果を感じて頂くことを重視し、かつ工事は解体なしの部分断熱で工期も短く、費用も抑えられます。

一気に全面の断熱リフォームをしたいときには?

その場合は、費用が高くなるという面はありますが、合わせて耐震補強工事ができる、断熱性能が一気に上がる、といったメリットがあります。
特に断熱工法としては、壁の内側に断熱材を充填していく内断熱工法だけではなく、断熱材を外壁側に張っていく外断熱工法があります。
この規模で全面リフォームを実施する場合は、屋根や窓の交換まで含めた大規模改装工事になるため、一緒に施工を検討する場合は外断熱工法のメリットが
高くなります。

そもそも断熱リフォームのメリットは?

簡単に言うと、『冬は暖かく、夏は涼しく』過ごせる環境づくりということになります。断熱することで、冬場の暖房効率や夏場の冷房効率が良くなります。
そのため、設定温度を弱めていても効果は高くなる、特に体感温度として快適さを得られることになります。

一般のお客様はどのようにご相談すればよいですか?

以下の加盟工務店にご連絡ください!
細かい内容までわかりやすく教えてくれますので、お気軽にどうぞ!

株式会社伊藤光建設
株式会社松岡工ム店
株式会社吉兼工務店
一乗建設
株式会社マツイ
美創ホーム
有限会社桶市ハウジング
有限会社小山建設
株式会社大功建設
岩崎建築株式会社

関連する記事

この記事に関連するカテゴリ

新着記事新着記事