畳の種類について。最新から定番まで【みんなのリフォームマガジン】

  • S20x20 100みんなのリフォーム編集部

畳の種類について。最新から定番まで

  • 2015月06月24日更新
S669x446 pixta 12359854 m

畳とは、世界に類がない日本固有な文化であり、伝統的な床材として利用されているもので、芯材となる板状の畳床の表面を、イグサを編み込んで出来た敷物状の畳表でくるみ作られています。縁には畳表を留める為と装飾を兼ねて畳縁という帯状の布を縫い付けています。一部には縁の無い畳もあります。形は長方形の一畳サイズと正方形の半畳サイズの2種類が一般的です。今回はその畳の種類についてスポットをあてご紹介したいと思います。

縁付き畳
 定番の縁のあるもののことをいいます。最近では畳縁の素材だけてはなく色や柄も様々あり、好みに合うものを選ぶことも出来るようになりました。

縁なし畳
 琉球畳や琉球風畳のことをいいます。縁がない分、すっきりとお洒落に仕上がることや、最近の洋風建築にも違和感なく馴染むことから洋間の一部に施工したりすることもでき特に人気があります。

フローリング用薄畳
 フローリングの上に直接敷くことができる畳のことをいいます。

黄金表
 天然い草を黄金色に変色させてから織り上げたものをいいます。

カラー畳
 天然い草を色染めして織り上げたものをいいます。

洗える畳
 簡単に綺麗にできるので、ペットがいるご家庭に人気です。畳縁を肉球の柄にすることもできます。

暖房畳
 床暖房用の畳のことをいいます。丈夫で熱の伝わりの良い畳です。

い草畳
 い草で作られた一般的な畳のことです。い草の畳は、放湿性や空気浄化・吸着性などの点からも日本の風土で快適に過ごせるような様々な効果を持っています。また、い草の香りは気持ちをリラックスさせ落ち着かせてくれる効果も期待できます。

和紙畳(ダイケン銀白シリーズ)
 素材に和紙を用いて畳表にしています。径年による変色等がほとんどありません。

化学表(セキスイ美草シリーズ)
化学表なので、水をこぼしてもさっとふき取ることができますが、熱には大変弱いです。

炭入り畳
 炭の持つ吸湿効果をプラスした畳のことです。湿調効果だけではなく、有害物質の吸着や脱臭効果にも優れていることが実証されていて今注目を浴びています。

床の間畳
 床の間に入れる畳のことです。

柔道畳
 柔道場に多く採用され、高い安全性と実績のある化成品柔道畳のことです。

このように昔から伝わる伝統的な畳だけではなく、現代の生活に考慮した畳も開発されています。そんな数ある畳の種類の中から、自分のライフスタイルに合った畳を見つけて取り入れてみてはいかがでしょうか。

関連する記事

この記事に関連するカテゴリ

新着記事新着記事