クロス張替えリフォームした際のクレーム集【みんなのリフォームマガジン】

  • S20x20 100みんなのリフォーム編集部

クロス張替えリフォームした際のクレーム集

  • 2015月06月23日更新
S669x446 fotolia 69064396 subscription monthly m

手軽にできるリフォームと言えば、壁紙の張替えではないでしょうか。とは言え、手軽にできると思っていたからこその失敗や後悔が多いのも事実です。失敗や後悔をしない為に張替え後、細部に至るまでチェックすることは当然かもしれません。気になることがあれば、業者やメーカーに問い合わせることも必要です。でもだからと言って、なんでもかんでもクレームを入れて良いというものではありません。常識範囲内で求められる水準の工事が行われている場合クレームは受け入れられませんし、たとえ受け入れられても全面的に内容が認められることはありません。そうならない為にちょっとした予備知識を備えておきましょう。

継ぎ目が目立つ

張替えた直後から大きく目立つ場合はクレームを入れて良い場合もあるでしょう。ただ、壁紙の材質や模様によってはどうしようもないこともあるようなので壁紙を選ぶ時点から職人さんなどに確認しておくと良いでしょう。また糊が乾くと壁紙は縮むということも頭に入れて置いてください。腕の良い職人さんは、始めからその縮みも計算した上で張替えてくれているはずです。

デコボコしている

良く見るとデコボコしているように見える。波打っている。そう感じる人も多いようです。その場合はクレームを入れるのではなくなぜそうなるのか質問してみてください。糊が十分に乾くとデコボコが取れる場合が多いです。それでもデコボコしているようでしたら下地の状態がよくないと言うことになります。選んだ壁紙の材質や下地の状態によってデコボコする可能性がある場合は報告して欲しい旨を伝えておけばこのようなトラブルは回避できるはずです。

クロスに傷や汚れが入っている

クロスの傷や汚れのチェックは必ず作業完了日に職人さんや業者さんと一緒にしてください。数日後に気がついたというのは、まず受け入れられないでしょう。このような確認作業は新築した家の内覧時やリフォーム完了後、賃貸でも必ずあります。業者は作業が完了したと思っているわけですから、後にクレームを入れても良い顔はしないですし、受け入れられて直してくれるこことになったとしても直ぐに来てくれない場合も多くあまり気持ちの良いものではありません。そうならない為にも確認作業はしっかりしておきましょう。

気泡がある

張替えた直後は気泡が見られることがよくあります。気になるようでしたら職人さんと確認しておくと良いでしょう。糊が乾くと無くなるので数日見て欲しいと言われることが多いと思います。1週間たっても気泡があるようでしたら張替える必要があるかもしれません。気泡の大きさにもよりますが、気泡ができている箇所には糊が着いていないということになるので職人さんの腕に問題がある可能性もあります。

気になることがあれば直ぐに職人や業者さんに伝える、質問するという姿勢は必要だと思います。任せっきりにせず、作業の過程も一緒に確認するようにしておけば後からクレームを入れなければいけない状況が生じる可能性も低くなります。

関連する記事

この記事に関連するカテゴリ

新着記事新着記事