玄関の防犯グッズ集【みんなのリフォームマガジン】

  • S20x20 100みんなのリフォーム編集部

玄関の防犯グッズ集

  • 2015月06月28日更新
S669x446 fotolia 81963002 subscription monthly m

家族で住んでいても、一人暮らしをしていても気をつけないといけない住まいの防犯。玄関や勝手口、窓など人が通れる場所であればどこからでも入ろうとするのが泥棒です。泥棒は入りやすい家かどうか下見をします。下見の段階であきらめさせる為にも、防犯意識の高い家であるということを分からせる必要があります。万が一、泥棒を下見の段階であきらめさせられなくても、鍵を開けて進入するまでに2分以上かかる場合は諦めることが多いとも言われていますので泥棒を撃退するために防犯グッズを上手く活用しましょう。

ワンドアツーロック

防犯意識の高い人なら誰でも耳にした事があるワードだと思います。一つのドアに二つの鍵を設置していることを言います。単純に考えて一つより二つ開ける方が時間はかかるということです。よく聞く『ピッキング』の被害は開けやすい鍵に集中していることから、同じ種類の鍵を二つ付けることは有効的ではありません。CPC認定シリンダーというピッキングに強い鍵がありますので、一つはそれを設置することをおすすめします。『サムターン回し』で不正開錠が可能なタイプの鍵が設置されている場合はサムターンカバーを付けることも有効的です。

センサーライト

人感センサーが多いでしょうか。泥棒を威嚇する効果や防犯意識が高い家だとアピールすることに役立つと思われます。しかし基本光るだけですので気休めにしかならないかもしれません。人感センサーライトよりも、夜になると薄暗くても常時点灯している方が防犯効果はあります。また泥棒は夜に来るとは限りません。フラッシュ機能がついたセンサーライトを設置していれば日中の威嚇には効果が期待できるでしょう。常に光る必要はないので、フラッシュ機能がON・OFFと切り替えられるものが使い易いです。

ブザー

熱線センサーで不審者を感知して警報音を出します。感知範囲の確認が必要です。音量の調節ができるものが使用しやすいです。また自分や家族が出入りする時にアラームが鳴らないようにできる『遅延機能つき』のものをおススメします。ご近所の問題もあるでしょうし必要な時以外は鳴らないように心がけることも必要かもしれません。

ダミーカメラ

安価で設置しやすい『ダミーカメラ』でも良いと思っていませんか?泥棒や犯罪者は善良な一般人に比べて、防犯カメラの知識があるのではないかと考えたことはありますか?ダミーだと見破られない為に、『ハウジング型ダミーカメラ』をおススメします。防犯カメラを収納するケースに入ったダミーカメラです。ハウジングが本物と同じ為、本物とダミーとの見分けがつけにくいからです。防犯カメラもたくさん種類がありますので、迷った場合はハウジング型を選んでおくと間違いないでしょう。本物を設置する場合でも雨、風にも強いこのタイプをおススメします。

関連する記事

新着記事新着記事