キッチンが片付かない!そんな時の収納方法【みんなのリフォームマガジン】

  • S20x20 100みんなのリフォーム編集部

キッチンが片付かない!そんな時の収納方法

  • 2015月06月30日更新
S669x446 fotolia 84165953 subscription monthly m

キッチンは毎日使う場所ですし、どうしても片付かないものですよね。しかも調味料や保管しなければならない食材、時々しか使わない調理器具など収納が必要なものも大量にあります。そんなキッチン回りをキレイに保つためにどうすれば良いのでしょうか。
今回はその方法について書かせていただきました。

収納の仕方

見た目が美しく見えるためにはやはり統一感が重要です。収納するもの(カゴ・トレー等)の色やサイズを揃えると良いでしょう。そのためには収納スペースの奥行きなどサイズを下調べしてからグッズを揃えることをお勧めします。100均や無印などにも収納グッズがたくさん販売されていますので、自分の好みのテイストのものを購入します。
使いやすくと言う点では、使う種類ごとに収納スペースを分ける必要があります。衛生用品、お掃除グッズ、お菓子作りの道具などをひとまとめにして収納します。使用頻度の高いものは、自分の腰から目線までの高さに収納しましょう。引き出しの場合は手前に置くなど取り出しやすい場所に置きます。季節物の調理器具など(土鍋やカキ氷器)も季節ごとのBOXに入れてシーズンごとに箱ごと入れ替えるようにしておくと便利です。
分かり易くという点では、収納ケースにラベルを付けます。このラベルも統一感を持たせるために同じテイスト、サイズのものを使うことをおススメします。中身が見えるように、透明のビンや半透明の収納ケースを用いても良いですね。ただ透明や半透明のものは中身が分かりやすいという利点はありますが、逆に言うと中身が丸見えで雑多に感じる人もいると思いますのでそれはお好みで。

パントリーをリフォームしてつくる

パントリー(Pantry)とは、分かり易くいうとキッチン内もしくは隣接した場所に確保された収納スペースのことです。言わば、食品庫です。お料理好きな人や買いだめする事が好きな人にとっては欲しいスペースですよね。大きなウォークインタイプのパントリーに憧れる主婦も少なくないはずです。お部屋の広さの関係でウォークインは無理でも、省スペースでおしゃれに使いやすいパントリーを確保することもできます。食品だけでなく調理器具も上手く収納して誰が見ても分かり易く使い易いパントリーを目指しましょう。
パントリーはキッチン回りはすっきりさせて、収納を一箇所に集められるため、自分も使いやすく、お客さんから見てもキレイに見えるはずです。パントリーを一度検討してみてはいかがでしょう。

キッチンが片付かないという多くの場合、必要なものと不必要なものが分別できていないはずです。まずは入らないものを捨てることから始めてください。それから種類別に分けて、取り出しやすい場所に配置するだけでずいぶんとスッキリするはずです。スッキリした状態を維持するためにも、定期的に整理することもお忘れなく

関連する記事

新着記事新着記事