クロス貼り替え工事の注意点【みんなのリフォームマガジン】

  • S20x20 aita san会田 敦史

クロス貼り替え工事の注意点

  • 2015月07月15日更新
S669x446 fotolia 69064396 subscription monthly m

クロス貼り替え工事はリフォーム工事の中で、水廻り工事と同じくらい最もポピュラーな工事になります。
新築時はほとんどの場合、既に貼られた状態の壁紙であったり、選べたとしても数種類の中からのみという場合がほとんどです。リフォームにおいては好きな壁紙を多くの中から選ぶことがほとんどですが、その多くの壁紙から1〜2つを選ぶのも実は大変な作業です。
また、クロス貼り替え工事においては、工事中や施工面で注意しておくことがいくつかあります。
それは、①工事前の荷物・家具移動について、②仕上がりの色柄イメージ、③使用するのりについて、④戸建・マンションそれぞれの施工上の注意点、についてです。

工事前の荷物・家具移動について

リフォームにおいては工事前の準備や荷物の片付けも大変な作業の1つです。
荷物の移動について、特に大変なのは食器棚・本棚・ピアノなどの収納物が多い大物家具や重たい家具です。
事前に確認すべきは、荷物移動は自分で実施するのか?リフォーム会社が実施してくれるのか?専門業者に依頼する必要があるのか?ということです。
通常は荷物移動も有料になるはずですが、見積上で無料の場合は、明細として記載がないだけ、または職人さんや担当者が現場で実施する場合があります。 
中身は自分で片付け、家具自体は移動してもらうパターンがよくあるケースになりますが、中身の荷物をどこに、どのように保管しておくかもリフォーム会社に相談してみると良いでしょう。引っ越しとは異なるため、荷物を保管する段ボールなどがありません。(リフォーム会社によっては段ボールを用意してくれるケースもあります)
また、ピアノ移動については素人では難しいし、運ぶ道具もないことがほとんどになります。
リフォーム後の調律が必須と考えておきましょう。

仕上がりの色柄イメージ

打ち合わせにおいては、小さなサンプルなどで色柄を決めるため、実際の施工後のイメージと異なる場合があります。
リフォーム会社からもそのようなアナウンスがあると思いますが、それでもイメージと異なれば少し残念な気持ちになってしまうもの。色柄はサンプルで見るよりも実際の施工後はやや薄めに感じることがほとんどです。
色を強く出したい場合は、仕上がりイメージよりやや濃い目の色合いのサンプルから選んでみましょう!
柄を強く出したい場合は、1つ1つの柄が大きめの柄をサンプルから選んでみましょう!
また、色柄を強く出したい場合は、壁紙だけを見るのではなく、家具・カーテンなどのインテリアとのバランスについてもリフォーム会社に相談してみると良いでしょう。
忘れがちなのが、スイッチ・コンセントになります。プラスチック部分は経年変化で黄ばんできます。白系でキレイに壁紙を貼り替える場合はスイッチ・コンセント類のプレート交換も検討してみましょう。色系で雰囲気を出す場合は白系以外のプレートもあるのでコーディネートしてみるのも良いでしょう。

使用するのりについて

壁紙を貼る際に使用するのりにも種類があります。最近はだいぶ良くなってきましたが、それでも人体に無害とは言えず、施工後に少し臭いが残るものがあります。人体への安全性を考慮したでんぷん系のりがお勧めですが、依頼するリフォーム会社には念のため確認しておくと良いでしょう。場合によっては、使用するのりは施工業者・職人任せでのりを把握していないリフォーム会社・担当者もいるかもしれません。

戸建・マンションそれぞれの施工上の注意点

戸建の場合、階段や吹き抜けのように縦方向にずっと貼り伸ばしていく場所があります。地震の影響で下地材の石膏ボードが動きやすい箇所になり、そのまま壁紙にもヒビが生じてしまいます。保証工事の対象には含まれないですが、そのままにしておくのも見た目に悪いです。また、現状で壁紙にヒビが生じている箇所があれば、リフォーム後も同様にヒビが入りやすいかもしれません。他にも、下地が古いままのところと新しいところの継ぎ目にもヒビが生じやすくなります。間仕切り壁を移動するような工事の際には注意が必要になります。
起こりやすいリスクについてはリフォーム会社に相談し、壁紙の下地処理の際に注意して施工してもらいましょう。
マンションの場合、コンクリートの躯体面に壁紙を直貼りする箇所については、既存の壁紙をキレイに剥がしておかないと跡が出やすくなります。紙系壁紙などの薄手の壁紙を使用する際には注意が必要です。

以上の注意点を事前に把握しておくと、施工後の仕上がりに安心がもてるでしょう。
そして、新しくキレイになった空間に満足度を得られることでしょう!

関連する記事

この記事に関連するカテゴリ

新着記事新着記事