和室を洋室にリフォームするメリット【みんなのリフォームマガジン】

  • S20x20 100みんなのリフォーム編集部

和室を洋室にリフォームするメリット

  • 2015月08月12日更新
S669x446 pixta 12359854 m

ライフスタイルの西洋化により、近年住まいや間取りに著しい変化が見られるようになりました。新しく家を建てるときに和室を設けなかったり、和室を洋室にリフォームしたりする事案が増えているのです。果たしてそれらはライフスタイルの変化だけが原因なのでしょうか。洋室にするメリットがあるから和室を不要とするのかもしれません。今回は和室を洋室にするメリットをご紹介します。

重い家具を置くことが出来る

インテリアショップに行くとベッドやソファ、テーブルやサイドボードなど大きな家具がたくさん取り扱われています。畳に比べてフローリングの床は、これらの大きな家具を設置してもへこんだり傷ついたりすることが比較的少ないので幅広い選択肢の中から家具選びをすることが可能です。

掃除が楽になる

和室の場合、畳や障子、襖、土壁など手入れがしにくく取り替えの必要が出てくるものがあります。洋室はフローリングも傷みにくく窓やドアなども簡単に拭くことが出来るので掃除がしやすく清潔が保ちやすいです。

収納がしやすい

和室は収納スペースとして押入れがありますが、押入れは上段と下段に仕切られているものが多くハンガー掛けも付いていないのでコートやワンピースなどをそのまま収納することが出来ずタンスが必要です。布団などを収納してしまうと他のものを入れることが出来なくなったりもします。押入れをクローゼットにすることで、丈の長い洋服を収納することができ、タンスが不要になるので居室スペースを広く使うことが出来ます。また洋室にリフォームすることでベッドを設置することが出来るので布団の収納スペースが浮きます。

ペットを飼いやすくなる

近頃、室内でペットを飼うお宅が増えています。昔は室内でペットを飼うということは珍しかったのです。それもそのはず、和室でペットを飼うのはとても大変で難しいことなのです。犬や猫の爪が畳に引っかかったり障子や襖を破ってしまったりと、その度に建具などを新たに取り替えなくてはならないので昔は室外でペットを飼うことが多かったのでしょう。和室を洋室にリフォームすれば、これらの問題に直面することなく室内でペットを飼いやすくなりますが、洋室でもペットが壁や床を傷つることはありますので注意しましょう。

和室を洋室にリフォームする要因にはライフスタイルの変化以外に、洋室の利便性の良さが挙げられます。掃除や収納といった日々の生活で必要な部分の効率化が出来るメリットはやはり大きいようです。ですが和室には和室の良さもあり、洋室にもデメリットはあります。それぞれのメリット・デメリットを把握してリフォームを検討してみてください。

関連する記事

この記事に関連するカテゴリ

新着記事新着記事