洗面所の収納が少ない!もっと収納できるアイデア集【みんなのリフォームマガジン】

  • S20x20 100みんなのリフォーム編集部

洗面所の収納が少ない!もっと収納できるアイデア集

  • 2015月08月13日更新
S669x446 36ee73ebc5ad0184ac6b22e361417e3a s

洗面所といえば、洗顔・歯ブラシ・手洗いうがい、髪を整えたり身支度をするには欠かせない場所です。多様な使い方をするので、どうしても物が溢れかえってしまって備え付けの収納に全て収まりきらず、洗面台周りに散乱しているというご家庭も多いのではないでしょうか。そんな洗面所の少ない収納場所を、少し工夫するだけで今まで以上に収納出来るアイデアを集めてみました。

洗面台下収納に突っ張り棒でデッドスペースをなくす!

洗面所で一番スペースのある収納といえば、洗面台下の収納ではないでしょうか。しかし、この洗面台下収納、排水パイプがむき出しでスペースを上手く活用出来ないという難点が。そんな難点を解決してくれるのが突っ張り棒です。洗剤類やシャンプーのストックなどを立てて収納している人も多い洗面台下収納。しかし、収納した上部はまだまだスペースが余っていて使えそうですよね。そんな時に使うのが突っ張り棒!手前と奥に突っ張り棒を設置して、その突っ張り棒の上にカゴなどを置くことで細々した物を片付ける事が可能な収納スペースが生まれます。これなら排水パイプがあっても設置出来る上、突っ張り棒とカゴだけで収納スペースがつくれるのでとっても簡単です。

洗面台下収納に収納ボックスやカゴなどを使って整理整頓を!

また、直接洗面台下収納に物を並べるのではなく、洗面台下収納の奥行に合ったサイズのボックスやカゴなどを数個設置して物を片付けるのも、デッドスペースをなくすのに一役買ってくれます。本来ならもっと物が収納出来るはずのスペースなのに、そのまま物を並べて置いてしまうと、倒れてしまったりぐちゃぐちゃになってしまったりして、物を片付けるスペースがなくなってしまうのです。ボックスやカゴなどに入れておく事によって、簡単に整頓も出来ますし、見た目的にもスッキリして見えます。

洗面台下収納に収納ワゴンを使う

突っ張り棒を設置したり、何個も収納ボックスを用意するのが面倒な人にぴったりなのが収納ワゴンです。色々なサイズのものが売っているので、むき出しの排水パイプを避けるように排水パイプの両側に設置したり、片側に設置したりする事も可能です。
スライドタイプのものなら奥に収納したものも取り出しやすいですし、洗面台下収納のサイズに合った2段式のものなら、収納ワゴン1つで簡単にスペースを有効活用することが出来ます。

洗面台の鏡裏収納

洗面台の鏡の裏にも収納スペースがありますが、このスペースも乱雑になりがちで上手くスペースを有効活用出来ていない人が多いのでは?こちらのスペースも物をそのまま置いて収納するのではなく、細々したものたちをトレイやボックスなどを活用して収納しておくと使いやすい上にスペースを無駄にしなくて済みます。デンタルケアグッズ、ヘア小物類、コットンや綿棒、メイク道具といった具合に用途別にトレイに入れておくと使用した後も元の位置に戻しやすく、洗面台の上に物が散らかる危険性も減ります。
また収納扉の背面にマグネットシートを貼って、マグネットフックやマグネットケースに物を掛けたり収納する事も可能です。扉の後ろも、ほんのひと工夫で収納場所になるんです!

収納場所を増設する

今ある収納スペースを見直して工夫をしてみたけれど、まだまだ収納スペースが必要という場合には、壁に付けられる収納や隙間収納に使えるチェストやラックを増設する手もあります。壁に付けられる収納といえばウォールシェルフが取り付けもしやすく、普段よく使うものやタオルなどを置いておける利点があります。他にも壁に設置されているタオルハンガーに引っ掛ける事の出来るボックスなどを設置したり、洗面所にスペースがある場合は隙間収納用の家具を設置すると一気に収納スペースが増えるので、収納場所に困っていたものたちを片付ける事も可能です。

まずは現在の収納方法を見直す事から始めると、意外とスペースが増えて物がきちんと片付けられるようになるかもしれません。それに加え、物が氾濫して片付けられないという事態を回避する為にも常に整理整頓を心がける事も大切です。また、突っ張り棒や収納ボックス、カゴやトレイ、備え付ける家具などを全て同じ色にすると、統一感が出てスッキリとした見た目にもなります。出来るだけ生活感を出したくない人は、中身が見えないような大きさやデザインの収納ボックスやトレイを選ぶと良いでしょう。

関連する記事

この記事に関連するカテゴリ

新着記事新着記事