屋根の葺き替えと塗り替えの違いは?【みんなのリフォームマガジン】

  • S20x20 100みんなのリフォーム編集部

屋根の葺き替えと塗り替えの違いは?

  • 2015月08月16日更新
S669x446 pixta 7233253 m

外壁の傷や劣化には気が付きやすくても、屋根は普段みることがなかなかないので気づきにくいものです。しかし、思っている以上に屋根は雨水や紫外線、熱や風に常にさらされているので、家の中でも最も過酷な環境にあるといえ、最も傷みやすい場所でもあるのです。屋根の劣化を放っておくと、雨水が侵入して建物の内部を傷めてしまうことがあるのです。そこで必要になるのが、屋根の定期的なメンテナンスやリフォームなのです。今回は屋根のリフォーム方法の葺き替えと塗り替えの違いをご説明したいと思います。

屋根の塗り替え

既存の屋根の破損が少ない場合は、下地の劣化が心配ない場合には塗り替えをすることになります。塗り替えができるのは化粧スレート、金属系屋根材、セメント瓦などになります。塗り替えは既存の屋根に塗装をするので、廃材がでないので処分費用がいらないというメリットがあります。廃材を減らすことができ、環境に配慮した方法です。しかも、屋根のリフォームの中では一番安く済む方法でもあります。

屋根の葺き替え

屋根材と屋根の下地が傷んでいる場合や、例えば、雨漏りが発生しているなどの腐食が進んでしまった場合は、葺き替えをすることになります。既存の屋根を撤去して、新しい屋根材で葺き替える工事です。屋根材を取り外しますので、その下にある防水紙や野地板といった普段ではメンテナンスしにくい部分も同時にメンテナンスや補修をすることができます。築年数が相当経っている場合に多い方法ではありますが、最近では耐震対策として、地震の時でも揺れが少なく軽い屋根へ葺き替える方も増えています。屋根が軽くなることで、減震効果もあります。また、暴風対策として強風や突風でも飛散しない屋根に葺き替える方もいます。

「葺き替え」と「塗り替え」の違いはおわかり頂けたでしょうか。屋根の劣化は軽度なものから重度なものまであります。塗膜が劣化し塗料の性能が落ちるという軽度な劣化を放置していると、屋根材の内部を傷めて雨漏りを起こして腐食してしまうという重度な劣化になると高い修繕費用がかかります。軽度の状態ならば「塗り替え」で対応できるので、ひどくなるまで放っておかずに、定期的に点検を行い、塗り替えをしていうことが大切だということです。普段見えない部分ではありますが、屋根の重要性を十分認識して、しっかりとメンテナンスをしましょう。

関連する記事

この記事に関連するカテゴリ

新着記事新着記事