玄関収納パターン集【みんなのリフォームマガジン】

  • S20x20 100みんなのリフォーム編集部

玄関収納パターン集

  • 2015月08月20日更新
S669x446 fotolia 42431683 subscription monthly m

 玄関は「住まいの顔」とも言われる場所で、その家の格式やセンスをも表します。そんな大切な場所なのに物がごった返してしまい、収納に関して切実な問題が直面します。その玄関をスッキリ綺麗に保つには玄関収納がポイントになってきます。最近リフォームされる方の多くは玄関の収納を重視する方が増えています。今回は実際にどのような玄関収納をつくっているのかをご紹介したいと思います。

◆シューズボックス

 一番オーソドックスな収納ですよね。既存の収納に多いパターンです。シューズボックスの収納で気になるのは、「長靴」「ブーツ」等の高さがある長物の靴の収納ではないでしょうか。可動式の棚があるシューズボックスであれば高さの調整ができ長物の靴も収納可能ですが、棚の中に無駄なスペースができてしまう可能性があります。その場合は突っ張り棒などを利用して上手に収納スペースを利用しましょう。

◆シューズクローゼット

シューズボックスとの違いは天井まである壁面収納タイプということです。最近はシューズボックスの収納に引き出し式の傘の収納ボックスが付いているものがあります。そういった機能性がプラスされたものを選ぶと良いですね。

◆シューズクローク

 シューズクロークとは玄関の横などに設置する靴を履いたまま出入りできるウォークインタイプの収納スペースのことを言います。家族の靴はもちろん、雨具や自転車、休日に使うアウトドア用品やゴルフ用品などのスポーツ用品、子供の遊び道具やベビーカーなど、玄関に散らばりがちなものをたっぷりと収納できるスペースです。またシューズクロークにも家族用の上り口を設けることで、家族はシューズクロークを通って直接出入りすることができます。このシューズクロークに上着などをかけることができるようスペースを設けると、靴を脱ぐ前に上着をハンガーにかける動作が加わり自然な片づけの流れが出来上がります。この一つの動作が加わるだけで、リビングの椅子やソファーに上着を置いたままということも無くなり、結果的に家全体が綺麗に保たれるという嬉しい相乗効果があります。

 玄関収納を充実させることで、家全体の収納が改善されるといえます。使用する場所に使用するものが収納できるということが一番効率的でもあります。それには各部屋の収納の充実を検討することと同じように玄関収納についてもじっくりと検討してスッキリ綺麗な玄関を目指してください。
 

関連する記事

この記事に関連するカテゴリ

新着記事新着記事