アフターサービスから選ぶ、リフォーム、新築の会社を選び方!確認ポイント紹介【みんなのリフォームマガジン】

アフターサービスから選ぶ、リフォーム、新築の会社を選び方!確認ポイント紹介

  • 2015月08月30日更新
S669x446 fotolia 43800448 subscription monthly m

リフォームは新築を建てる時のような瑕疵担保責任の制度がないため、アフターサービスや保証はリフォーム会社独自の設定したものとなります。その為会社によってサービスや保証内容が異なりますので、リフォーム会社を選ぶ時にはこのサービスや保証の内容も重視して選ぶようにしましょう。

リフォーム会社の保証内容

リフォームした後のアフターサービスや保証期間は依頼した会社によって違ってきますので、詳しく調べることが必要です。よくあるアフターサービスの例としては工事後の点検やメンテナンスが5年から10年の期間無料で保証されたり、設備に関しては設備機器の保証もありますので、設備機器の保証期間プラス独自の保証をつけたりしている会社もあります。また瑕疵担保責任保証制度を登録のリフォーム会社でしたら、施工価格の制限がありますが、壁や屋根の修復リフォームでしたら保証をつけてくれる会社もあります。

アフターサービスの内容は契約前に確認

アフターサービスの内容は契約時にはしっかりと説明を受けておきましょう。アフターサービスがしっかりしている会社でしたら、こちらから聞かなくても説明してくれますが、こちらから聞いた時に言葉を濁したり、ごまかしたりする会社はアフターサービスに期待できません。

アフターサービス保証書

リフォーム会社ではアフターサービスを受ける時の基準として、工事終了後に施工した箇所ごとに工事保証書などを発行してくれます。この保証書も会社によって違いますが、アフターサービスの内容などが詳しく記載されています。

新築住宅会社のアフターサービス

新築の場合は瑕疵担保責任保証と言う保証が法律で定められていて、家の基礎部や土台、屋根や壁の雨もりなどは保証されています。アフターサービスとは法律には基づかない、クロスの剥がれや、排水官の水漏れなどの法律で保証されていない部分の施工会社が独自で定めているサービス保証の事を差します。
このアフターサービスは会社によって違いがありますが、新築引き渡しの時にアフターサービス基準書として発行されます。その保証書には、不具合がおきた箇所によって何年かの無償修理期間などがこまかく記載されています。気を付けなければいけないのが、その施工会社独自で定めたサービスになりますので、その期間中であっても施工会社が倒産などしてしまうと、そのアフターサービスは受けられなくなります。

アフターサービスが万全ではない施工会社とのやり取りで、物件を引き渡された後でも不快な思いをしたとおっしゃる方もおられます、リフォームや新築後も長く快適に住み続ける為にもアフターサービスの充実した会社を選ぶ事をおすすめします。

関連する記事

この記事に関連するカテゴリ

新着記事新着記事