子供部屋を2つに分ける方法。パターン紹介【みんなのリフォームマガジン】

  • S20x20 100みんなのリフォーム編集部

子供部屋を2つに分ける方法。パターン紹介

  • 2015月09月01日更新
S669x446 fotolia 66366715 subscription monthly m

子供部屋を2つに分ける理由としては、子供が年頃になったことによるプライバシーの確保や、受験勉強などを一人の部屋で集中してさせたいと言う理由が多いようです。ここでは、子供部屋を2つに分ける方法についてまとめてみました。 

家具で仕切る

収納の少ない部屋に適しているのが、家具で間仕切りをつくる方法です。チェストやキャビネットを間に置けば、収納と壁、ふたつの役割を果たしてくれます。将来的にその部屋から家具を撤去する場合は、他に移動するスペースを確保しなければならないため、部屋数の少ない家では難しいかもしれません。また、既製品の家具を置くと、丁度良い高さに合わせることが難しく、家具と天井の間があいてしまいます。床と天井ぴったりの高さに合わせる場合、家具をオーダーする必要があり、その分費用は高くなるのが難点です。

アコーディオンドアで仕切る

アコーディオンドアなら可動できるため、子供が独立したあとも邪魔にならないのが魅力です。しかし、遮音性がないため、プライバシーの面では問題があります。アコーディオンドアにはたくさんの種類があるので、部屋に適したものを選びましょう。

建具で仕切る

引き戸・折れ戸などを使って間仕切りをつくる方法です。開け閉めができるため、必要のない時は開放することもでき、用途によって将来的にも使い分けられます。遮音性があまりないことや、かかる費用も高く、解体撤去ができないので、慎重な検討が必要です。

壁で仕切る

クロス貼り仕上げなどの、普通の壁をつくって部屋を分ける方法です。遮音性が高く、プライバシーをしっかり守れるので、年頃の子供がいるご家庭は検討してみると良いでしょう。壁の中に断熱材を入れると、より遮音・防音性能が上がります。撤去が難しいですが、将来的にも二つの部屋に分けて使うことを前提としている部屋なら、しっかりと間仕切りができる良い方法です。

解体撤去できる造作壁で仕切る

将来的に撤去することを前提につくりたい、しかしきちんと二つの部屋に分けたい、そのような場合は、この方法が一番だと思います。
遮音・防音性能もあり、撤去できない壁と同じような効果を期待できます。子供が独立したあとには、自分で解体することも可能で、ベニアと木でつくられているため、木材を小さくカットすれば、石膏ボードで出来た壁と違って、廃棄も難しくありません。また、将来的に撤去する必要が無くなっても、普通に長く使い続けられます。

関連する記事

新着記事新着記事