キッチンをリフォームするときの注意点【みんなのリフォームマガジン】

  • S20x20 100みんなのリフォーム編集部

キッチンをリフォームするときの注意点

  • 2015月09月09日更新
S669x446 5fb169c67d8374d4743f76cef6d2e928 s

家事の中でも料理は1日3回必ず行う作業です。料理以外にも洗い物や後片付けなど、キッチンの滞在時間は非常に長く、出来るだけ快適に効率よく過ごしたいものです。キッチンの使い勝手が悪くなってきた、最新設備のシステムキッチンを設置したい、そういった希望が出てきたらキッチンリフォームを検討しても良いでしょう。それではどういった点に注意してリフォームを検討すれば良いのでしょうか。キッチンリフォームを失敗しない為にもリフォーム時の注意点を紹介します

プランニングをしっかりと行う

どのようなキッチンリフォームを行うのか、事前に希望するリフォームを明確にしておく必要があります。システムキッチンの入れ替えだけなのか、大幅にキッチンの型を変えてしまうのか、床や壁紙、収納スペースの増減など具体的にどのようなリフォームを行いたいのかを考えておきましょう。リフォーム業者に言われるがまま進めてしまい、こんな筈ではなかったと後悔しないようにしましょう。

機能性や使い勝手を重視する

デザイン性を重視してシステムキッチンを選ばないようにしましょう。最近は、外国のキッチンのような大きくてお洒落なものもたくさん販売されています。広々と作業が出来るように奥行が十分にあるものもあります。しかし、こういったデザイン性だけを重視してはいけません。キッチンの高さは作業がしやすい高さであるか、作業動線に無駄はないか、人が行き来できるスペースはあるか、など使いやすさを重視したキッチンリフォームを行いましょう。また、現在使っているキッチンの使いにくいところを押さえておくことも大事です。使いにくいところを解消するリフォームを目指すと、以前よりも使いやすいキッチンに生まれ変わります。

キッチン周り全てのリフォームを行う

システムキッチンだけを入れ替えるリフォームの注意点として、現状のキッチン周りの状態がどのような状態かを確認して下さい。キッチンは水や油などを使用するので、床や壁の汚れや傷みが目立ちやすいです。せっかく最新のシステムキッチンを設置したのに、壁や床が汚れている、給排水設備が腐食して劣化しているという状態では快適に新しいキッチンを使うことが出来ません。費用面との相談にはなりますが、床や壁、給排水設備の見直しも行ってみて下さい。

ショールームに必ず足を運ぶ

どのようなキッチンにしたいのか、イメージを掴むためにもキッチンメーカーのショールームに足を運んでみましょう。リフォーム業者からもカタログなどを貰えますが、イメージは勿論ですが、実際にキッチンの前に立って使い勝手を体感してみることが大事です。カタログを見て決めていたキッチンが、実際にショールームで見てみると体に合わず使い勝手が悪いということが発覚することもあります。

1日に何度も使用するキッチンなので、出来るだけ失敗のないように快適に使用出来るキッチンリフォームを行いたいものです。これらの注意点をしっかり踏まえた上で、失敗しないキッチンリフォームを行って下さい。

関連する記事

この記事に関連するカテゴリ

アクセスランキング人気のあった記事まとめ

新着記事新着記事