防犯・セキュリティをする際のリフォーム会社の選び方【みんなのリフォーム】

防犯・セキュリティ/ 会社の選び方

防犯・セキュリティの統計

平均費用-

平均工期-

防犯・セキュリティの会社の選び方

大切な家族の安全と資産を守ることは、住宅のもっとも大切な役割の一つです。より安心して暮らすためにも、防犯・セキュリティに対する意識は常に忘れてはいけません。せっかくリフォームしたのに、防犯・セキュリティの効果が感じられなかったり、生活が不便になるようなリフォームでは意味がありません。
後悔しないリフォームをするためには、リフォーム会社の選び方に注意することが必要です。どんなことが選ぶ際のポイントになるのでしょうか。


防犯用の商品に詳しく、施工実績が多い


住宅の防犯・セキュリティに対するリフォームでは、被害の原因の大部分を占める、窓やドアの防犯用の商品やその性能に詳しいことが重要です。窓やドアをただ単純にリフォームするのではなく、家の構造や周りの住宅との関係性など、防犯・セキュリティを考えるうえで大切なことを踏まえて商品を選定し、リフォーム内容を考える必要があります。

住宅における窓の役割は多岐にわたります。家の断熱性能を上げる場合、窓ガラスを複層ガラスにしたりや内窓を設置して、サッシは断熱サッシにすることが何よりも効果的な方法です。
これに対して、防犯・セキュリティの面から窓のリフォームを考えると、防犯合わせガラスや防犯合わせの複層ガラスに替えることが望ましいでしょう。
どういった目的でリフォームをしようと思ったのか、しっかりとリフォーム会社に伝え、要望に合った商品やリフォーム方法を提示してくれることは、当たり前のことだと言えます。
商品知識だけでなく、実際に防犯やセキュリティ対策のリフォームを施工した実績があるのか確認するようにしましょう。リフォームにおいては、この「実績があること」が会社選びの大切なポイントの一つとなります。
なお、リフォーム会社によって、取り扱う商品の価格設定が変わることもあります。複数のリフォーム会社から見積もりをもらい、商品の値段やリフォーム内容を比較検討することが大切です。


予算や生活習慣に合った提案をしてくれる


防犯・セキュリティのリフォームは、見えない相手を想像し対策することです。お金をかければかけるだけ、高性能な防犯システムやセキュリティ体制のリフォームをすることができるでしょうが、各家庭によって予算が変わってきます。また、家庭によって家族構成や生活習慣にも違いがあります。
自分たちが考えていた防犯・セキュリティのリフォーム内容が、実際は予算オーバーの可能性もあります。ライフスタイルによっては、防犯・セキュリティのリフォームをしたことで生活が不便になることも考えられます。
だから、予算内で自分たちの生活に合った、最大限の効果があるリフォームプランを提示してくれることが、大切なことです。
たとえば周囲から見えない場所に、2階への足場となるような塀や物置があるようなら注意が必要です。庭を砂利にして侵入者の足音がわかるようにすることや、塀を低くするなど、高性能な設備を使ったリフォームではなく、別のアイディアを提供してくれる会社は安心できます。
たとえ商品では価格を下げることができない場合でも、これまでの経験や優れたアイディアによって改善できることが見つかることも少なくありません。
リフォーム会社を選ぶとき際は、ただ商品や工事を依頼するだけでなく、このような知恵やアイディアを提供してもらうという意識をもつようにしましょう。