シックハウス対策のリフォームってどうすれば良いの?シックハウス対策のリフォームのポイントとよくある質問【みんなのリフォーム】

シックハウス対策のリフォーム

シックハウス対策のリフォームの統計

平均費用-

平均工期-

シックハウスとは、建築材料に含まれる化学物質により、室内の空気が汚染されて起こる健康障害のことです。頭痛や咳、吐き気があったり、目や鼻の粘膜が痛んだり、呼吸が困難になるなど、人によって出る症状は違います。家に長時間いる主婦や、抵抗力の低い子供を中心に被害が見られます。
せっかくリフォームしたのに健康的な生活が送れないようでは、意味がありません。
シックハウス対策を考えてリフォームするには、どのようなことに気をつけたらいいのでしょうか。

シックハウス対策、まずは原因を知ること



シックハウスの原因として考えられるのは、住宅に使用される建材や内装材、家具や日用品にいたるまで、私たちの生活空間にある物から発散される化学物質です。それに加え、家の気密性が向上したことや、換気不足により、発生した化学物質が家の外へ排出されず、体内へ蓄積されることでアレルギー症状を引き起こしてしまうのです。
化学物質の他にも、カビやダニが原因の場合もあり、家や人によっても対策方法は変わってくると言えます。
また、シロアリ対策などで使われる害虫駆除剤が原因となる場合もあります。

シックハウス対策のリフォームで大切なこと



①使用する建材の選び方
リフォームする際にまず気をつけるべきことは、シックハウスの原因となる化学物質の発生が少ない材料を使用することです。
内装のリフォームをする時は、床材や壁紙の塗料にはなるべく自然素材を選び、接着剤にはホルムアルデヒドを使用しないように注意します。(建築基準法では、このホルムアルデヒドの発散量が規制されています。)
選ぶ際には、リフォーム会社に相談することはもちろん、JISやJASによってホルムアルデヒドの発散量を等級化して表示している商品がありますので、自分でもチェックするようにしましょう。
また、家具やカーテンからも化学物質が発生することもありますので、注意しましょう。

②換気方法を検討する

次に気をつけるべきことは、室内の換気システムをしっかりと考えることです。
昔ながらの日本の木造住宅では、呼吸する家と言われたように、自然に空気の流れがあるような造りでした。
しかし、住宅の気密性が向上することで、冷暖房などを効率的に使用することができ、季節を問わず、一年中快適な室内温度が保たれた空間で過ごすことが可能になりました。
その一方で、自然な空気の出入りがなくなり、自分たちで意識的に換気することが必要となってしまったのです。
私たちの生活から化学物質を排除することは難しいため、発生した化学物質をどのように家の外へ排出するかは重要です。
窓や換気扇、換気口をどこに取り付ければ、最も効率的なのか、リフォーム会社に相談してみましょう。せっかく作った風の通り道を、家具などでふさいでしまうことのないように、生活習慣や今後のプランを伝えると良いでしょう。また、屋根や天井裏も熱気がこもりやすい場所なので、換気方法を検討する必要があります。
なお、リビングや寝室などの広いスペースはもちろんですが、トイレなどの狭いスペースリフォームする場合でも、注意しましょう。

③ダニ・カビの発生を抑える

シックハウスは人によって現れる症状が違いますが、その原因も様々です。化学物質以外で注意が必要なのが、ダニやカビによるアレルギー症状です。
ダニやカビは、湿度が高く、結露が発生しやすい環境を好みます。そのため、室内の結露対策をすることが重要になります。。
結露の発生しやすい家とは、つまり断熱性の低い家ということです。部屋の窓に内窓をつけたり、複層ガラスや樹脂製のサッシに交換するなど、窓の断熱性を上げることが最も効果的です。さらに壁は調湿効果のある漆喰や、珪藻土にすると良いでしょう。
高気密、高断熱な家にすることで、結露はもちろん、ダニやカビの発生を防ぐだけでなく、夏の暑さや冬の寒さを心配することなく、一年中快適な室内環境にすることができます。
なお、結露対策と併せて室内の換気や、こまめに掃除をすることも大切です。

よくある質問


シックハウス対策用の商品だということを、どう判断したらいいですか?

フローリングなどの建材でホルムアルデヒドを発散するものは、JIS(日本工業規格)やJAS(日本農林規格)によって発散する量によって等級づけされています。一番発散量が少ないものは、F☆☆☆☆(エフフォースター)で、等級によって使用できる面積が変わってきます。この等級の高い商品はシックハウスになりにくいと言えます。
また、壁紙クロスにも日本壁装協会によって、シックハウス対策用のラベルで表記されたものもあります。このような公的に認定された商品を探してみたり、シックハウス対策に詳しいリフォーム会社に相談すると良いでしょう。

建築基準法の規制を守っていれば、シックハウスにはならないのですか?

改正された建築基準法で使用が制限されているのは、ホルムアルデヒドとクロルピリホスという化学物質だけです。実際には、この他にも原因となりえる化学物質がありますし、建築基準法で規制を受けないカーテンや家具、カビやダニ、室内の換気システムによってもシックハウスになる可能性があります。
建築基準法による規制は、あくまでも最低限のレベルだと考えておきましょう。

マンションのシックハウス対策、リフォームで注意することは?

2003年に建築基準法によって、使用する内装材や換気システムのシックハウス対策は義務化されるようになりました。
それ以前に建てられたマンションの間取り変更のリフォームをする場合、共用部分となる外壁に、換気口などを設けることは難しくなります。そのため、シックハウス対策をするときには、今ある換気口などを上手に使って通風がよくなるよう間取りを考える必要があります。

自然塗料とは、どんなものですか?

これまで多く使用されてきた有機溶剤ではなく、自然素材や植物成分を原料とした塗料のことです。シックハウス症候群はもちろん、アレルギーの原因とされる化学物質含まず、分解してくれることもあります。

シックハウスかどうか、判断に困ったらどうしたらいいですか?

近年の住宅では、シックハウス対策に関する問題が少なくありません。そのため、「シックハウス診断士」といい、住宅における空気環境の測定や診断、新築やリフォーム時のアドバイスができる資格を持つ人もいます。
建材だけでなく、家具や日用品に関しても幅広く対応してくれるので、相談してみるといいでしょう。

シックハウスかどうか、判断に困ったらどうしたらいいですか?

近年の住宅では、シックハウス対策に関する問題が少なくありません。そのため、「シックハウス診断士」といい、住宅における空気環境の測定や診断、新築やリフォーム時のアドバイスができる資格を持つ人もいます。
建材だけでなく、家具や日用品に関しても幅広く対応してくれるので、相談してみるといいでしょう。

塩化ビニルクロスの壁紙だと、シックハウスになりますか?

壁紙として一般的に普及している塩化ビニルクロスは、法律の基準に合わせて作られているので、問題はないと言えます。ただし、接着剤にはホルムアルデヒドが含まれていますし、シックハウス対策を考えてリフォームをするのであればおすすめできません。
布クロスや紙クロス、漆喰や珪藻土などの自然素材をつかった壁材なら、化学物質を含まず安心です。

その他の記事

2件の「シックハウス対策のリフォーム」のリフォーム会社・工務店から検索

シックハウス対策のリフォームで人気のリフォーム会社・工務店すべて見る

  • S150x9999 1

    登録会社

    公認会社

    木工房 樹の助

    山口県美祢市秋芳町秋吉2690-5

    木工房樹の助では建具の技術を活かし、”洋にも合う和”をテーマに日々作品を制作しております。私たちの作った家具によって、お客さまが心に潤いをかんじでいただくことがなによりの喜びです。お客さまのことを第一に考え、作品を作りつづけたいと考えております。手作りの商品ですので、「ここはこうしたい」や「こんなかんじのものを作ってほしい」などの細かいご要望にも応えることが可能です。木工房樹の助にお任せください。

  • S150x9999 100

    登録会社

    公認会社

    有限会社増田住建

    島根県邑智郡邑南町山田72-3

    当社は、島根県邑南町の総合建設会社です。日本の風土には木造りの家こそが合っていると考えており、現代の生活に合った木造住宅のご提供に力を入れています。新築からリフォームまで、お客様のご要望にお応えできるよう努めてまいります。

すべて見る