収納のリフォームをする際のリフォーム会社の選び方【みんなのリフォーム】

収納のリフォーム/ 会社の選び方

収納のリフォームの統計

平均費用-

平均工期-

Category header p

収納のリフォームの会社の選び方

押入れ・収納のリフォームは、明確な使用方法が決まっている場合はもちろん、物があふれている現状を変えたくて、とにかく収納スペースを増やしたい場合など、さまざまな理由からリフォームを検討するものです。とはいっても収納スペースをただ増やすだけでなく、使いやすくすることも重要です。しかも使ってみなければわからない注意点も多いです。
限られたスペースと予算を使って、最も効率的な収納リフォームを行うためには、どんなことに注意してリフォーム会社を選べばいいのでしょうか。



要望をまとめて、複数の会社から見積もりをもらう


押入れ・収納のリフォームをしたいと思ったら、まずはどんな収納があったら便利か、よく考えて要望をまとめてみましょう。
どこにどんな収納がほしいのか、具体的なリフォーム内容でもかまいませんし、現在の収納スペースに対する不満を家族で話し合っても良いでしょう。
その内容を、いくつかのリフォーム会社で相談して、見積もりを作成してもらいます。押入れ・収納のリフォームの場合、リフォーム会社によって工事費用はもちろん、提案してくる工事プランも違います。
複数の会社からの見積もり金額とその内容をじっくりと比較検討しましょう。



経験と想像力が豊かな会社


押入れ・収納のリフォームで大切なことは、生活習慣や使用目的からどのような収納が必要で使いやすいのかを考えることです。自分の希望する収納が、実際にリフォームで再現することができるのか。それよりもっと適切な方法はないのか。リフォーム会社の担当者が、どれだけ自分たち(使い手)の気持ちになって考えることができるかが重要だと言えるでしょう。
現場を見て、こちらが要望する工事内容を正確に行ってくれることも大切かもしれませんが、現場をただ見るだけではなく、これまでの経験を活かして、どんな収納にすればより快適な生活空間にリフォームできるのか、今後の生活を想像してより良い提案をしてくれる、相談しやすい会社を選びましょう。



デザインやアイディアが魅力的な会社


収納スペースによっては普段は目につかない場所というケースもあるでしょう。しかし、だからといってどこの会社でも同じだと判断するのは間違いです。押入れ・収納のリフォームも大事な家のリフォームに変わりありません。
これまでの会社の施工実績や施工例をしっかりと確認し、自分たちの好きなスタイルやデザインの会社を選ぶと良いでしょう。
押入れのリフォームではクローゼットにするのが一般的ですが、中には本棚を作って書斎のような空間にしたり、子供部屋にリフォームするなど、自分たちには想像もつかないようなアイディアを提案してくれる会社もあります。
相談することで、収納スペースが必要なのではなく、別の用途にリフォームすることで今までの悩みが解消されるということもあります。そのような提案の幅を持っている会社にお願いすることも選択肢の一つでしょう。

条件を絞り込む

未選択