ウォークインクローゼットのリフォームってどうすれば良いの?ウォークインクローゼットのリフォームのポイントとよくある質問【みんなのリフォーム】

ウォークインクローゼットのリフォーム

ウォークインクローゼットのリフォームの統計

平均費用-

平均工期-

Category header p

ウォークインクローゼットとは


ウォークインクローゼットとは、人がその中に入って収納の出し入れができる程度の広さのある収納スペース。主に衣類などの収納スペースとして、寝室などに隣接して設けられることが多く、クローゼットを1つの部屋に独立させたスタイルの収納のことです。

ウォークインクローゼットをつくる場合に必要となる面積は、作り方によっても変わりますが、1.8m×1.35m(0.75坪)程度の広さがあれば作ることができますが、本来のよさを十分に発揮させるためには2m×2m(1.2坪)程度の確保が必要です。天井までの空間を利用できるので、作り方次第では、相当大きな収納力を持ったものにできます。

空き部屋などをウォークインクローゼットにリフォームする時は、壁と窓の結露に注意しましょう。断熱性能が低い家は外壁に面した壁に結露がつきやすく、洋服が濡れたり、カビや虫の被害にあってしまうこともあります。

メリットは、スーツケースや小物などを全部まとめて1か所に収納できるので、どこにあったっけ?というような行方不明が無くなり、部屋の片付けがしやすくなります。
デメリットは、ウォークインと言う名前の通り、中に歩くスペースが必要になるので、壁に一列に並べるタイプのクローゼットに比べて単位面積あたりの収納数が少なくなることです。
ウォークインクローゼットは、限られた面積に洋服をたくさん吊るしたいと言う人には不向きなスタイル。洋服以外の物もできるだけまとめて1箇所に収納、管理したいという人に向いています。リフォームで洋服の収納スペースを作る時は、収納量にばかり気を取られず、自分の生活スタイルをよくおさらいして、よく考えて間取り全体から見直すよう考えていきましょう。

かかる費用は、つくり方で価格が上下します。内部をどこまでつくりこむかによって費用が違ってくる。また、どのように作るかによっても、費用が大きく違ってきます。同じ工事を行うにも業者によって工事費は異なります。そのため、複数の業者から見積もりをだしてもらい比較検討を行うことが大切です。

その他の記事

6件の「ウォークインクローゼットのリフォーム」のリフォーム会社・工務店から検索

関連カテゴリから調べる

ウォークインクローゼットのリフォームで人気のリフォーム会社・工務店すべて見る

  • S150x9999 21

    登録会社

    公認会社

    水まわりリフォームショップ ブロス

    長崎県長崎市平野町 22-24

    日常生活に 活力や 安らぎを 与えられるプランと 安心の設計/施工を追求し きめ細やかな接客を心がけ  無料で現地状況を調査し 現地状況に応じた 適正価格 無料見積書 を ご提案します♪

  • S150x9999 4

    登録会社

    公認会社

    株式会社京滋リフォーム広

    京都府京都市山科区勧修寺西金ケ崎288

    住宅リフォームを専門に24年間続けてこれました。 社長が京滋ミサワホーム出身なのでミサワホームの建物は特に得意としています。 建築の道で44年経験を積んでのアドバイスをさせて頂きます。 社長自ら営業しています。スタッフも永く定着し仕事に誇りを持っています。

  • S150x9999 100

    登録会社

    公認会社

    有限会社増田住建

    島根県邑智郡邑南町山田72-3

    当社は、島根県邑南町の総合建設会社です。日本の風土には木造りの家こそが合っていると考えており、現代の生活に合った木造住宅のご提供に力を入れています。新築からリフォームまで、お客様のご要望にお応えできるよう努めてまいります。

  • S150x9999 banshohp

    登録会社

    公認会社

    株式会社 番匠

    東京都八王子市元横山町2-4-21

    「株式会社 番匠」は、素材・技・伝統にこだわり、建築主様の健康と弥栄(いやさか)のために、そして日本の豊かな将来のために、匠の心で1棟1棟まごころをもって造り上げます。 住むほどに味わい深まる、環境にやさしい家造りをお届けします。

すべて見る