壁紙・クロスの張替えをする際のリフォーム会社の選び方【みんなのリフォーム】

壁紙・クロスの張替え/ 会社の選び方

壁紙・クロスの張替えの統計

平均費用-

平均工期-

壁紙・クロスの張替えの会社の選び方

迷った時は、プロの意見を参考に。


部屋のイメージを左右する壁紙クロス。豊富な種類から自分の理想とする素材を探すのは大変です。せっかく張り替えるのならインテリアに合ったデザインを選びたいけど、失敗しそうで不安…。小さなサンプルで選んでしまうと、全面張替え後に、「こんなイメージじゃなかったのに。。。」という気持ちになってしまうことは多々あります。
そんな時は、いろいろな会社の施工実例を見て、自分のイメージに近い会社に相談してみましょう。豊富な商品知識があり、予算内で理想の壁紙にするためのアイディアを教えてくれる会社なら安心です。多数の商品サンプルをもってきて、一緒に検討してくれる会社にお願いするようにしましょう。
また、アフターフォローについてもしっかり確認しておきましょう。



見積もりの内容を、細かくチェック!


一般にクロス張替えで使われるのが1㎡/900円、1㎡/1000円などという単価表示です。
しかし、単純にこの単価が安ければいいというものではなく、会社や見積もりを作る人によってその部屋の㎡数のとらえ方が違ってくることがあります。最近では、●畳で定額●●円というサービスも増えておりますが、実際には現地調査の上で、価格が変更することがほとんどです。値段やわかりやすさだけではなく、施工の品質が高いリフォーム会社・工務店さんに依頼するようにしましょう。

例えば、 6帖の部屋の壁と天井を張替えるとします。
Aの会社が1㎡/900円、Bの会社が1㎡/1,000円だとすると、単純に考えればAの会社の方が安くなります。
しかし実際に見積もりを取ってみると…
Aの見積もり → 900円×35㎡=31,500円
Bの見積もり → 1,000円×30㎡=30,000円

この場合、単価はAの会社のほうが安くても、㎡数のほうは5㎡も多いため結果的にAの会社の方が高くなります。

また最近では、単価としてメートル表示(m)をする会社もあります。
壁紙クロスは通常、ロール状に巻かれていて、そのロールのメーターで計算する方法のことです。
大手壁紙メーカーが販売する商品のロールの幅は、90センチ。
メーター計算では、1m=ロール幅0.9m×1m =0.9㎡になります。

一方、1㎡/1000円という単価表示の業者では、1m×1m=1㎡の面積となるので、メートル表示と約1割の誤差が発生します。
つまり、1㎡=1000円の業者と1m=900円業者は同じ価格ということです。
一概に数字だけで判断せず、単価の単位を確認することも大切です。

また、部屋に荷物があり、他の部屋に移動できない状態や荷物の移動をお願いするような場合は、追加料金がかかります。
移動できない場合は、養生費(ゴミや糊などが付かないように家具などの荷物をシートなどで包むこと)。家具などを移動する場合は移動費となります。

さらに、壁紙クロスの張替えには、下地処理(※1)やゴミ処理代(※2)、その他の諸経費(交通費、駐車場代)などもかかります。

複数の会社に見積もりをお願いすること。もらった見積もりはすべてを含んだ総額を見て、比較検討しましょう。

(※1)下地処理代とは、
壁紙をはがした際、壁紙クロスと一緒に下地である化粧ボードなどのつなぎ目などのパテ材が一緒に剥がれてしまい、その部分をパテなどで補修した際の料金のこと。
補修がいらない場合もありますが、見積もりに含まれているケースが多い。
(※2)ゴミ処理代とは、
剥がした壁紙クロスは不燃性のゴミなのと同時に企業ゴミのため、一般のゴミとしては出せず、業者の引き取り料金のこと。


条件を絞り込む

未選択