窓のリフォームをする際のリフォーム会社の選び方【みんなのリフォーム】

窓のリフォーム/ 会社の選び方

窓のリフォームの統計

平均費用-

平均工期-

Category header g

窓のリフォームの会社の選び方

窓のもつ性能は様々であり、他のリフォームと同様で素材やメーカーによって金額も違ってきます。予算や家の構造などを考慮したうえで、的確な商品を提案してくれる会社を見つけるためにも、複数の会社から見積もりをもらうようにしましょう。
また、選ぶ商品や家の状態などにより、窓のリフォーム方法は変わってきます。その方法によっては、注意するべきポイントがあります。ご自身のリフォームがどのパターンに当たるのか、を把握しましょう。その上で、最適な工法を提案できる会社を選びましょう。会社選びに迷った時は、下記を参考にしてみて下さい。



窓のサイズを変えずにリフォームする場合



①ガラスを交換する。
既存のサッシを利用して、ガラスを複層ガラスに交換します。複層ガラスは基本的なタイプと、「特殊金属膜」を間に挟んだLow-Eタイプ(高断熱と遮熱タイプ)があります。

②サッシを交換する。
既存のサッシ、例えば断熱性の低いアルミサッシからアルミの内部に樹脂(プラスチック)片を挟んで熱を伝わりにくくしたサッシ、あるいは外側はアルミで内側を樹脂にした複合サッシなどに交換します。
オール樹脂や木製のサッシにすると、断熱性はより高くなりますがその分コストがあがります。

①と②を合わせると、断熱性がより高まります。
たとえば、「アルミサッシ+単板ガラス」の場合と、「アルミ樹脂複合サッシ+複層ガラス」の熱が逃げる度合いを比べてみると、後者が約半分しか逃げなかったという実験結果もあります。
ただし、サッシ交換には外壁を一部切り取る必要があるので、大がかりな工事になる場合もあります。予算的なことはもちろん、自分の暮らす地域の特性に適した断熱性能を考えることも大切です。

③内窓を新設する。
インナーサッシ・二重窓とも言います。これは既存の窓枠に合わせて内側に室内用の窓を新設する方法です。内窓の間に空気層ができて断熱が向上し、結露の防止も可能です。
工事費用も安く、工期も短く、効果も高く、住宅エコポイントも適用されるため需要が多いです。ある程度の相場が決まっているため、どの会社でも金額では大きな差が出ません。採寸ミスによって隙間が生じる、キツ過ぎて開閉が困難などといったトラブルがあるので、その際の保証対応の有無は確認が必要でしょう。

④既存の窓枠に、新たな窓枠を覆うようにカバーする方法。
最も費用も抑えられて、工期も短い工法です。しかし、既存の窓や家が傾いていたりすると、カバーした後に開閉がうまくいかない場合があります。そのため、その傾きをきちんと理解し、許容範囲で工事可能とするのか、許容範囲を超えて難しいと判断してくれる業者なのか、事前に確認しておくといいでしょう。
許容範囲を超えるくらいの傾きの場合は、今の時点で窓の開閉に問題があると思うので、現地調査時に、その旨を伝えて改善ポイントを聞きましょう。

⑤既存の窓枠と一部外壁をカットして、隙間を埋める方法
窓をカットするので、傾きの影響は受けません。しかし、隙間を完全に埋めることができるかが問題です。(特に凹凸が大きなサイディング材などの外壁の場合。)そのためこの施工を避ける会社もあります。
依頼する場合、万が一の雨漏れ保証の有無や隙間を埋めるコーキングというゴム状のシーリング材の耐久性(一般的には5年)についての説明があるか。定期的なコーキング処理を有料でも対応してくれるかどうか確認してみましょう。
なお、最近では外壁を切らずに施工できる商品もあります。

⑥外壁補修をともなった窓の交換
家側の壁補修と、外壁の壁補修が必要なことから、費用と工期がかかります。しかし、工事のトラブルは少ないです。一般的には内装工事と外壁塗装とセットで行うことが多く、この場合は家づくりの全般知識を持っている会社に依頼することが望ましいでしょう。



窓のサイズを変えてリフォームする場合


施工方法はほぼ上記⑥と同じです。
注意点は、窓サイズが変わるため断熱材の施工をしっかり行ってくれるかどうかの確認です。例えば、窓を小さくする場合に小さくなった分の壁が出来上がりますから、中には断熱材を必要とします。その断熱材の補充をしっかりしてくれるかどうかを確認したり、見積書の中身を確認することが必要です。
また、窓を大きくする場合は、構造上の筋交い有無の確認等が必要となります。設計・施工の実積がある業者に依頼することが望ましいでしょう。



窓を含めた、全体的なリフォームの場合


窓のガラスやサッシの性能にこだわるのはもちろん、位置や大きさを考えることが大切です。日の入り方や風通しをチェックして、窓の位置やサイズの変更、窓の追加を検討しましょう。
また、リフォームプランを作成してもらう時には、夏と冬の日差しの向き、通風をシュミレーションしてもらい、最小限の変化で最大の効果があがるように工夫してもらいましょう。なお、窓の変更には構造にも影響するため、耐震性の確保をきちんとしてもらうことも大事です。